不動産担保ローンとは

今の日本は高齢化が問題になっていて、なんでも4人に1人は65歳以上なのだとか。

実際いま60代の人に会って話すと、おじいさん、おばあさんではなく、まだ若い人という印象を受けます。

日本がこのような長寿国になった理由として医療の発達があげられますが、現在高齢者であれば医療費の一部を国に負担してもらえます。

ところが、がんの治療の時は、レイザー光や粒子線を使ったりしますが、こうした治療は先進医療と呼ばれています。

先進医療は保険診療になる前の現在検証中の診療なので、保険が適用されずに医療費は自己負担になります。

年齢が上がるに連れて、体のあちこちが悪くなるので、最新の医療を受けることは重要ですが、医療費としてまとまったお金を準備しなければなりません。

そんな時に資金を集める方法として考えることが出来るのが、不動産担保ローンです。

不動産担保ローンとは、自分の名義の家や土地または相続した土地などを担保にして借りることができるローンのことです。

最近ではマンションでも利用できるようになりました。

借りることができる金額は、自分が所有している土地や家の価値によって変わってくるので、いつも同じお金というわけではありません。

一般的には、自分が所有している不動産の価格の約7割の金額を借りられると言われています。

このようなローンを活用して、老後は子供たちに迷惑をかけずに自分で資金を作り出せるようにしているお年寄りはすくなくありません。

★不動産担保ローンのオススメ関連サイト▶http://www.topteethwhiteningreview.com/