リバースモーゲージの使い方

自分の家を担保にして、死亡するまでお金を借りることができる不動産担保ローンのリバースモーゲージですが、このシステムは毎月返済をする必要はありません。

ではいつ、どのように返済するのでしょうか?

返済契約が満期になった時か契約者が死んだ時のどちらか早い方に家を売ることで借入金を返済できます。

契約者が死亡するまでの契約ですが、では夫の名義で契約していて、夫が先に死んでしまった場合には残された妻はどうなるのでしょうか?

契約者が死亡してから、家を売却しなければならないので、妻は家を出ていかなければならないのでしょうか?

実際に高齢になってからの家探しや引越しはとても大変です。

この点で、夫婦の場合であれば、契約者が死亡したときにも配偶者が条件を満たしていれば、リバースモーゲージを引き継ぐことができます。

配偶者に先立たれてから独り暮らすのは精神的にも大変ですが、自分の家にも住めないとなると、大きな負担になります。

また、リバースモーゲージを利用した別の方法としては、この方法を使って住宅ローンの借り換えをすることができます。

不動産担保ローンであるリバースモーゲージを使うことにより、まとまったお金を借りられるので、そのお金で残りの住宅ローンを返済することができます。

住宅ローンが返済されていると、毎月入る年金はそのまま生活費に当てられるので、生活資金のことで頭を悩ますことが少なくなります。

仕事を辞めてしまうと月々の収入がなくなってしまうので、貯金を切り崩しながら暮らすのは、不安が残ります。

コメントは受け付けていません。